食器棚のカタチ

2016年08月11日

こんにちは!

片付けに悩まない家づくりをご提案。

一級建築士・ライフオーガナイザーの和田さや子です。



収納のカタチシリーズ、今回のテーマは食器棚です。

少し前までは、家具として食器棚を購入するのが定番でした。

でも、食器棚がキッチンから離れていて、食器を出すのが面倒・・・

もっと簡単に出したり仕舞ったりできるようにしたい!

そんな思いから、キッチン内に食器棚を用意されることが多くなってきました。



今回は対面キッチンに食洗機がある間取りでの、

食器棚について考えてみたいと思います。




背面カウンターに食器収納のスペースを取る場合は、食洗機との近さを大切に!

食洗機の前に立ったまま、食器が戻せる距離がゴールデンゾーンです。



背面収納は食器以外にも家電やごみ箱、ストック品などを収めるので、

そんなにたくさんのスペースを食器のために用意することは難しいかもしれません。

真ん中のキャビネットだけを食器のために用意してみましょう。

引き出し収納だと、奥まで見渡せるので出し入れしやすいです。

引き出しの深さを変えることで、大きさや深さの違う食器を上手に収めましょう。



アクション数の少ない収納にこだわる方は、

目線の高さに扉のないオープン棚を用意するのがオススメ。

高さを欲張らず、手の届く範囲にしてくださいね。



このスペースで食器が収まらないときは、

食卓の近くに、費用頻度の低い食器を集めてみてください。

ガラス扉にして、お気に入りの食器を見せる収納にするのもいいですね。


食器棚を置くスペースがなくても、キッチン収納をうまく活用して、

ストレスのないカタチにすることができます。

自分と家族にあった食器棚のカタチ探してくださいね。