室内干しのカタチ

2016年05月25日

こんにちは!

片付けに悩まない家づくりをご提案。

一級建築士・ライフオーガナイザーの和田さや子です。


今日は室内干しのカタチについて考えてみたいと思います。

日中家にいないので外に干せない・・・

花粉症で外に干せない・・・

PM2.5が気になる・・・

外に干すのが面倒・・・


いろいろな理由で、洗濯物は室内干しが基本のご家庭も多いと思います。


洗面脱衣室や浴室に干すことが多いと思いますが、

度々使うこのスペースに洗濯物を干すと、ものすごくジャマ!

という問題がありますよね・・・


そんな問題をクリアするために、

ぜひ、室内干の専用部屋を用意してください。

4人家族だと2畳ほどのスペースがオススメ。



場所は「洗う」→「干す」の動線が短くなるよう、洗濯機のある部屋の横。

部屋として独立させることで、衣類除湿乾燥機がよく効きます!



独立させた部屋を取るのは難しい場合は、

寝室をすこーし拡張させる方法もあります!



洗濯を朝干す派にオススメ。

寝る以外には使わない部屋なので、日中洗濯物を干しておいても大丈夫。

クローゼットが近いので、「干す」→「しまう」の動線が短くてすみます。

湿気が気になる場合は、除湿機などでコントロールしてくださいね。


薪ストーブパッシブソーラーマハシステムなどの全館空調をしているおうちは、

吹き抜け周りに干すと、よく乾きます。



吹き抜けの手摺に、布団を干しているおうちも見かけます 笑

来客が余り多くないおうちにオススメ。


室内干しにすると、洗濯の干す手間が減ったり、

紫外線にあてないことで、衣類が長持ちしたり、

いろいろなメリットがあります!

「洗う」→「干す」→「しまう」の動線計画上にピッタリくる、室内干しのカタチ探してみてくださいね。




過去記事 → 布団収納のカタチ
       下駄箱のカタチ1
       下駄箱のカタチ2








同じカテゴリー(ライフオーガナイズ)の記事画像
食器棚のカタチ
今日はお家の勉強会
オリジナルキッチンのいいところ
素敵なホームパーティーは誰のため?
箕面まちゼミ開催しました。
思い込みを外してみる
同じカテゴリー(ライフオーガナイズ)の記事
 食器棚のカタチ (2016-08-11 14:33)
 今日はお家の勉強会 (2016-08-07 14:51)
 オリジナルキッチンのいいところ (2016-08-06 13:57)
 素敵なホームパーティーは誰のため? (2016-08-05 10:41)
 箕面まちゼミ開催しました。 (2016-07-30 17:06)
 思い込みを外してみる (2016-07-25 00:05)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。