紙袋のもやもや

2016年02月03日

私の母は、紙袋をたーくさんとっておきたいタイプです。

紙袋をそんなにたくさん持っていても仕方ないと、頭ではわかってるんだけれども、

どうしても気づいたら貯まってしまうのだそうです。


どうすれば、紙袋が貯まりすぎないか、そのしくみ作りについて考えてみました。

紙袋のように、ぼんやりしていると貯まっていってしまう物は、

入ってきたものが、家を出て行くまでの流れを作る必要があります。





お片づけが苦手な方は、この2段目の「残す紙袋を選ぶ」で躓いてしまいます。

モノを選び取る思考は人によって、向き不向きがあるので、

その人に合わない基準に沿って進めると、苦痛な作業になってしまい、

もうやーめた!となるので要注意です。




【計画派】 

大中小の3サイズに分ける。

サイズごとに5枚ずつ残す。


【論理派】

使うシチュエーションを考える。

(例)
人に何かをプレゼントするとき
チラシなどを廃品回収に出すとき

それぞれに合ったものを5枚ずつ残す。


【感覚派】

紙袋が手元に来た時点で、「好き」「嫌い」を判断。

好きなものは、紙袋の指定場所へ。

そうでないものは、新品でも資源ごみへ。



自分にあったルールを決めたら、わかりやすように書いて貼っておくのがオススメ。

保管と処分という流れをつくるためには、

保管する場所と処分するために仮置きする場所の定位置を決めることもポイントです!

自分にあった基準をみつけて、紙袋のもやもやの解消してみてくださいねー





同じカテゴリー(ライフオーガナイズ)の記事画像
食器棚のカタチ
今日はお家の勉強会
オリジナルキッチンのいいところ
素敵なホームパーティーは誰のため?
箕面まちゼミ開催しました。
思い込みを外してみる
同じカテゴリー(ライフオーガナイズ)の記事
 食器棚のカタチ (2016-08-11 14:33)
 今日はお家の勉強会 (2016-08-07 14:51)
 オリジナルキッチンのいいところ (2016-08-06 13:57)
 素敵なホームパーティーは誰のため? (2016-08-05 10:41)
 箕面まちゼミ開催しました。 (2016-07-30 17:06)
 思い込みを外してみる (2016-07-25 00:05)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。