残したいもの

2016年01月15日

娘の通う保育園では定期的に製作の日があり、

工作だったり・・・絵だったり・・・

これをどこまで残すかも悩むところですが、

それよりも日常的にたまっていくのが、

毎日持って帰ってくる塗り絵やお絵かき、そして折り紙。

本人は作ったところで満足するようで、

「ママにあげる!」と笑顔でプレゼントしてくれます。


「おー上手に書けたね!」と言えるのは心のゆとりのある日。

「お・・・おう」疲れた日はこれが精一杯 笑

とにかく、毎日毎日5点ほど献上されてくるので、1ヶ月でかなりの量になります。

絵が成長している過程を残したい・・・・

でも、全部残すのは無理・・・

そこで、

・とりあえずぽいぽいっと入れておける場所

・ある程度たまったら、見直して絞り込む

この仕組みづくりを考えました。


1.箱を用意しました。



靴を収納するように購入した、フタ付ダンボールボックスです。

2.毎日ぽいぽい入れます



3.ある程度たまったら、見直して選別・・・クリアファイルにまとめ箱の底へ



4.上にまたぽいぽい入れます


という手順をひとつの箱の中で繰り返します。

そうすると、似たような絵や作品は処分していって、だんだん「ベスト作品」が残っていくはず!

選別したときにクリアファイルに入れるのは、

どこまで、前回に分けたものかわかるようにするための工夫です。


昨日、選別作業をしていたところ、横で神妙な顔で見学していた娘。

「ママはじょうずだなーと思ったら残すの?」

と聞かれました。

「うーん・・・そうだねー同じようなものは1個だけ残すようにしてるよ」

と伝えると、ふーんと言いながら去っていきました。


下手でも完成していれば残したいし、

ほぉ!っと感心するような作品ももちろん残したいし、

選別する時間は、子供と向き合う時間にもなりました。










同じカテゴリー(ライフオーガナイズ)の記事画像
食器棚のカタチ
今日はお家の勉強会
オリジナルキッチンのいいところ
素敵なホームパーティーは誰のため?
箕面まちゼミ開催しました。
思い込みを外してみる
同じカテゴリー(ライフオーガナイズ)の記事
 食器棚のカタチ (2016-08-11 14:33)
 今日はお家の勉強会 (2016-08-07 14:51)
 オリジナルキッチンのいいところ (2016-08-06 13:57)
 素敵なホームパーティーは誰のため? (2016-08-05 10:41)
 箕面まちゼミ開催しました。 (2016-07-30 17:06)
 思い込みを外してみる (2016-07-25 00:05)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。